話題のメロディーをお取り寄せ!

今日も鉄分上がっちゃう話をお届けします!

 

 

ワンマン車掌の鉄分乗々↑↑

 

 

 

今日は・・

 

 

話題のメロディーをお取り寄せ!

 

 

です。

 

 

 

4月6日から、あの有名アーティストの楽曲が、車内チャイムおよび発車メロディになりました。そのアーティストとは・・

 

 

 

 

「Official髭男dism」です!

 

 

 

2012年に結成し、これまでに多くのヒット曲を世に送り出しているヒゲダンの皆さん。そんなヒゲダンの楽曲の中から、「I LOVE…」と、「Pretender」がチャイムおよびメロディ化され、使用が始まったのです!ラジオのオンエアでは、米子市さんおよびJR西日本さんのご協力で、音源をお取り寄せ!実際の音色をお届けする事が出来ました!

 

 

 

まず、「車内チャイム」が聴けるのは、岡山山陰エリアを結ぶ特急「やくも」で、先日デビューした新型車両273系で流れています。「やくも」は、これまで381系という国鉄時代からの車両が使われていましたが、4月6日から約40年ぶりの新型車両となる273系がデビュー!徐々に新型車両へ移行しており、6月中旬には全ての列車がこの新型車両になる予定です。

 

 

 

これまでの「やくも」381系

 

 

 

この273系は、「やくもブロンズ」と呼ばれるカラーが特徴的で、車体は新たに開発・実用化された国内初となる「車上型の制御付自然振り子方式」によって、カーブ通過時などの乗り心地が向上しています。また、車内Wi-Fi、全席コンセント、大型荷物スペースなどが設置されていたり、日本の特急車両としては珍しい「セミコンパートメント席」も設置されています。デザイン監修は、これまでに「WEST EXPRESS 銀河」「えちごトキめきリゾート雪月花」などを手がけてきた、川西康之さんが担当しています。

 

 

 

米子駅での273系運行開始記念セレモニーの様子(写真提供:米子市)

 

 

 

チャイムは、車内放送が流れる際に流れていて、岡山から出雲市に向かう列車は「I LOVE…」が、出雲市から岡山へ向かう列車では「Pretender」が流れます。期間は「当面の間」との事で、しばらく楽しめそうです。

 

 

 

一方、この「やくも」も通る鳥取県の米子駅では、車内チャイム開始日と同じ4月6日から、ヒゲダンの「Pretender」「発車メロディー」として流れています。

 

 

米子は、山陰エリアとしてはほぼ中央、鳥取県でいうと西部に位置している都市です。日本海沿いを走るJR山陰本線のほか、岡山方面からやってくるJR伯備線の終着地(正確には伯耆大山駅が終点)でもあるため、「山陰の玄関口」とも呼ばれています。また、水木しげるさんの故郷である、境港市へ向かうJR境線も北へ伸びており、交通の要所です。鉄道ファン的には、JR西日本などの車両メンテナンスなどを行う「後藤総合車両所」がある街としても有名です。

 

 

実は、Official髭男dismは、隣の島根県にある大学で結成されているのですが、ボーカルの藤原聡さんとドラムの松浦匡希さんは、この米子市出身!という事で、米子市とJR西日本が連携し、この発車メロディ化が実現しました。

 

 

メロディーは、「1番のりばバージョン」「2〜5番のりばバージョン」の2種類があり、どちらも「Pretender」のサビが使われています。「1番のりばVer.」サビの前半「2~5番のりばVer.」サビの後半が使われています。なお、期間は3年を予定しており、列車に大幅な遅延が発生した際など、駅係員の業務状況によっては放送されない場合もあるそうです。

 

 

 

ちなみに、この米子エリア。神奈川からだと、新横浜・小田原から東海道・山陽新幹線岡山へ行き、そこから「やくも」に乗り換えるのが基本的なルートとなります。ですが、実はもう一つ方法があり、乗り換えなしの1本で行けるんです!それが「寝台特急・サンライズエクスプレス」です!

 

 

 

285系 サンライズエクスプレス

 

 

 

現在、日本で唯一の定期寝台特急であるサンライズエクスプレス。東京〜岡山間はサンライズ瀬戸号サンライズ出雲号の2つの列車を連結して運転し、岡山から瀬戸号は四国の高松へ、出雲号は米子などを経由して出雲市へと向かいます。これに乗れば、横浜を22時15分に出発し、米子には翌朝9時05分に到着!逆の上り列車だと、米子を19時53分に出発し、横浜には6時44分に到着します。昔は、多くの主要都市へ走っていた寝台特急ですが、今は乗車チャンスもだいぶ減っているので、あえての利用というのもアリではないでしょうか!?

 

 

 

というわけで、今回はOfficial髭男dismの楽曲を使った車内チャイム発車メロディの話題でした。特急・やくも岡山から倉敷、新見、米子、松江を通って出雲市までを結びますが、特に倉敷から米子にかけては、多くの区間で山と山の隙間を縫うように走り、自然を感じる車窓が続きます。

 

 

また、米子は山陰エリアのほぼ中央なので、ここを拠点に、東は砂丘などもある鳥取、古い街並みが残る倉吉、北は鬼太郎などに会える境港、西は島根県の松江・出雲市など、さまざまなエリアへのアクセスにも便利です。また、海に面した温泉街、皆生温泉もありますし、食べ物だとさばしゃぶ牛骨ラーメン白ネギなどが有名なんだそうです。ヒゲダンの音色を求めて、山陰エリアの旅なんていうのも楽しそうですね!是非、足を運んでみてくださいね!

 

 

 

 

というわけで、

今日もご乗車ありがとうございました!

 

 

この回の模様は、4月23日(火)の29時まで

radikoタイムフリー↓でお楽しみいただけます!

(コーナーは18:00ジャストの発車です)

 

ワンマン車掌の鉄分乗々 4月16日分 を聴く!

 

 

次回もお楽しみに!

ワンマン車掌の鉄分乗々↑↑ 最新記事
  • → 神奈川鉄道ニュース!
  • → 2024年4月の鉄道NEWS 勝手にランキング!
  • → カラフルトレイン!
  • → Don’t feel, Think!! (感じるな!考えろ!)
  • → マナー向上委員会!
新着記事
  • 「FIREWORK♪」 #安斉かれん #てくかれ

  • 今日のゲスト「Ritomo」さん #Ritomo

  • 今日のゲスト「ナナヲアカリ」さん #ナナヲアカリ

  • 2024.05.27 第111家 #lol847 #honoka #hibiki

  • 今週のEDテーマ 小玉ひかり「言わない」

  • →記事一覧を見る