新幹線YEAR![パート5] #ワンマン車掌

今日も鉄分上がっちゃう話をお届けします!

 

 

ワンマン車掌の鉄分乗々↑↑

 

 

 

今日は・・

 

 

新幹線YEAR![パート5]

 

 

です。

 

 

 

今年は、JR東日本が運行している新幹線が、開業から区切りの良い年を迎えるという事で、「新幹線イヤー2022」というキャンペーンが行われています。その第5弾は上越新幹線!本日11月15日に40歳の誕生日を迎えました!

 

 

東京から新潟までの約300kmを結ぶ上越新幹線。大宮までは東北新幹線と同じ線路を走り、その後は高崎、越後湯沢、長岡などを経由して新潟へ向かいます。現ダイヤだと東京〜新潟間は最速96分。開業当時の車両は200系でしたが、現在はE2系とE7系が活躍しており、E2系は2022年度末で上越新幹線から引退する事が発表されています。

 

 

 

200系カラーに復刻されたE2系

 

 

 

開業当時の列車名は急行タイプが「あさひ」、各停タイプが「とき」でした。その後、列車名の役割と整理が行われ、東京と高崎・越後湯沢を結ぶのが「たにがわ」、新潟まで走る列車が「あさひ」に変わり、「とき」は廃止となりました。

 

 

ところが、東京から高崎まで同じ区間を走る当時の長野新幹線(現在の北陸新幹線)の「あさま」と間違えやすいほか、新潟の象徴でもある「とき」の名を復活してほしいという声が多く、2002年に「とき」が復活。代わりに「あさひ」が廃止され、現在の「とき」「たにがわ」体制に至ります。

 

 

 

そんな上越新幹線ですが、元々は・・・

 

 

東北新幹線と同時開業の予定「でした」

 

 

 

1971年から建設が始まった上越新幹線。元々は、東北新幹線と同じ誕生日(6月)になる予定だったのですが、結果的に約5ヶ月遅れの11月開業となりました。この開業遅れの原因となったのが、上越新幹線を語るうえで欠かせない「とある、トンネル」です。

 

 

上越新幹線は、大宮〜高崎間や長岡〜新潟間は田畑が広がる平野部を走りますが、高崎〜長岡間は急な山間部を通過するため、ほとんどトンネルになります。特に、群馬県と新潟県の県境にある大清水(だいしみず)トンネルは長さが22キロもあり、完成当時は世界一の長さを誇るトンネルでした。そして、そのトンネル掘削時に湧き出た水が美味しかったことから、のちにミネラルウォーターとして商品化したというのは有名な話です。

 

 

 

ミネラルウォーター “From AQUA”

 

 

 

しかし、問題のトンネルは大清水トンネルではなく、その少し南、高崎〜上毛高原間にある「中山トンネル」でした。このトンネルは、大清水トンネルより短い約15kmのトンネルですが、当初の地質調査の結果以上に地質が悪く、大量の湧水に悩まされ、掘削現場が水没してしまうほどの大出水事故が2度も発生しています。そして、このままのルートだと建設が出来ないと判断され、建設中にトンネル内のルートが2回も変更されるという、壮絶な難工事を経て完成したのです。

 

 

 

そして、このルート変更の影響で、ほぼ直線で走るはずだった線路は、危険箇所を避けるために平仮名の「く」の字の逆のようなルートに変わり、新幹線としては規格外となる急カーブが設置される事となりました。そのため、240km/hで走っている列車は、このカーブの通過時に160km/hまで速度を落とさないといけなくなり、この速度制限は今も続いています。

 

 

 

 

 

 

また、このルート変更や湧水対策、地上の渇水対策などの影響で建設費は膨大に増え、1mを掘るのにかかった金額は、結果的に青函トンネルよりも高くなってしまい、金銭的にも記録に残る難工事となりました。

 

 

この難工事を経て中山トンネルが土木工事的に完成したのが、1982年の3月。その後、軌道や電気工事が行われますが、東北新幹線との同時開業には間に合わず、東北新幹線開業から5ヶ月後の1982年11月15日に開業となりました。そして、この中山トンネルの難工事は、のちのトンネル建設に大きな影響を与え、事前の地質調査やルート選びの重要性を世に広める事となり、日本のトンネル技術向上に貢献しています。

 

 

 

上越新幹線は、この中山トンネルや大清水トンネルをはじめ、沢山の長大トンネルがあり、トンネル内は景色も見えず退屈に感じる人がほとんどかと思います。ですが、その数分で通過するトンネルは、40数年前に多くの技術者の皆さんが現地のさまざまな地層や湧水と戦いながら完成させた結晶です。もし上越新幹線を利用する際には、そんな事を頭の片隅に思いながら車内での時間を過ごしてもらえれば幸いです。もうすぐウィンタースポーツの季節!トンネルを抜けた後の白銀の世界が、また違った見え方になるかもしれませんよ!

 

 

 

 

さて、本日、車掌がお届けしたナンバーは、

 

 

Negicco光のシュプールでした!

 

 

2003年結成、来年20周年を迎える Negiccoの皆さん。新潟のご当地アイドルとして地元で絶大な認知度を誇るほか、全国にも多くのファンがいるグループです。そんな Negiccoといえば、今年5月にNaoさん、10月にはKaedeさんにお子さんが誕生!さらに、Meguさんも8月に妊娠を発表し、グループは幸せな空気に包まれています!

 

 

 

 

というわけで、

今日もご乗車ありがとうございました!

 

 

この回の模様は、11月22日(火)の29時まで

radikoタイムフリー↓で聴けます!

コーナーは18時ジャストから始まっています!

 

 

ワンマン車掌の鉄分乗々 11月15日分を聞く!

 

 

次回もご乗車お待ちしてます!!

ワンマン車掌の鉄分乗々↑↑ 最新記事
  • → 大将軍は、どれだ!? #ワンマン車掌
  • → 相鉄・東急直通線ニュース! #ワンマン車掌
  • → 2022年9月・10月の鉄道NEWS 勝手にランキング #DJマクラギ
  • → ロングラン! #ワンマン車掌
  • → 新幹線YEAR![パート4] #ワンマン車掌
新着記事
  • 「スケートボードの世界」をディグ! #でぃぐらじ #岡田晋 #眼鏡とオタクとスケートボード

  • 今日のゲスト「ISEKI」さん #ISEKI #Torch

  • 今日のゲスト「OverTone」#オバトン #OverTone #POPAPP

  • 今日のゲスト「Lay」さん #Lay #TICKTICKTICK

  • 大将軍は、どれだ!? #ワンマン車掌

  • →記事一覧を見る